青い光は空いっぱいに散らばる
大気の層を通る距離が長くなり、赤い光が残る

 みなさんは、どんないろそらきですか? わたし青空あおぞらげると、とても元気げんきます。はやきをすると、朝日あさひのぼ直前ちょくぜんそらあかまるようすをることができます。そんなときは、みんながらない宝物たからものつけたようでとくしたちになります。

 ところで、どうしてそらあおいのでしょう。そして、あさけやゆうけのそらは、なぜあかくなるのでしょうか。そのカギをにぎるのは、太陽たいようひかりです。

 太陽たいようひかり何色なにいろだとおもいますか? こたえは、虹色にじいろあおあかなどいろんないろでできています。太陽たいようしろっぽくえるのは、それらのいろぜんざっているためです(太陽たいよう直接ちょくせつないでくださいね)。

 ひかりいろごとに性格せいかくちがって、わたしはこれをよくしょうがいぶつきょうそうにたとえます。あかひかりしょうがいぶつをよけてとおくまではしるのが得意とくい反対はんたいに、あおひかりはすぐにしょうがいぶつにぶつかってしまいます。

 地球ちきゅうまわりの大気たいきそうには、空気くうきつぶちいさなごみなどたくさんのしょうがいぶつかんでいて、太陽たいようひかりはそのなかとおってきます。しょうがいぶつきょうそう苦手にがてあおひかりはいろんなものにぶつかって、そらいっぱいにらばります。このひかりわたしたちのとどき、そらあおえるのです。

 あさ夕方ゆうがたは、太陽たいよう位置いちひくくなりますね。すると、太陽たいようから地球ちきゅうまで、ひかりはし距離きょりながくなります。昼間ひるまよりもちょうきょしょうがいぶつきょうそうになるのです。すると、あおひかりわたしたちからとおところですべてらばりきってえなくなってしまいます。のこったあかひかりがなんとかはしけ、わたしたちのとどくようになるのです。これが、あさけやゆうけがあかえる理由りゆうです。

 一日いちにちのおしまいにゆうけをられたら、しょうがいぶつをくぐりぬけてきたひかりにも「おつかれさま」といたくなります。(しょうほうかつまるきょう