島根県庁

 島根県と松江市は9日、新たに119人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市、出雲市各42人、安来市10人、雲南市8人、大田市4人、海士町、県外各3人、浜田市、益田市各2人、飯南町、西ノ島町、隠岐の島町各1人。雲南保健所管内(雲南市、奥出雲町、飯南町)の高齢者福祉施設でクラスター(感染者集団)が発生した。

 県感染症対策室と松江市によると、大型連休に伴い、県外への移動や県外からの帰省などで感染が広がっているケースもあるという。この日発表の119人の患者のうち、36人が県外移動歴があった。

 9日午前0時時点の入院者は35人で、確保病床(371床)の使用率は9・4%となっている。宿泊療養者は22人、自宅療養者は703人となっている。中等症は11人、重症者はいない。