唐饅頭の焼き上がりを確かめる山田さん

 広島県世羅町甲山の今高野山通りは、石見銀山街道の宿場町として栄えた。そこでヒットした「甲山の味」の代表格が唐饅頭(とうまんじゅう)だ。外の皮はカリッと、中の白あんはほろほろ。素朴な甘さにどこか懐かしさを感じる。その秘密を知りたくて、製造する山田玉泉堂を訪ねた。