前回は、国語の文章の「読ませ聞き」を提案しました。「読ませ聞き」とは、児童・生徒の音読を保護者などが聞いて、その間違いをその都度訂正するというものです。