営業再開を前に消火設備の点検に立ち会う伊藤さん㊧

 JR広島駅西側の飲食店などが連なる通称「エキニシ」(広島市南区)の大規模火災は、10日で発生から半年。被災した区画では焼けた店舗の修繕が進み、営業再開が相次ぐ。地元自治会は街角に複数の消火器を設置するなど防火対策を進める。火災からの復興をエキニシ全体の発展につなげようと、関係者は意気込んでいる。