「初夏はチヌ釣りを始めるのに最適な季節」と話す岩田さん㊧と海野教授

 瀬戸内海を代表する魚、チヌ。広島県近郊は個体数が多いため、波止や磯から狙う釣り人が多い。一年のうちでも春から初夏にかけては、産卵のため群れが接岸し初心者も良型に出合えるチャンス。広島のベテラン釣り名人と、チヌの生態に詳しいお魚博士が釣り方の基本を解説する。