2階部分が焼け落ちた民家(11日午前7時22分、安芸高田市甲田町下小原)

 11日午前0時25分ごろ、広島県安芸高田市甲田町下小原の民家から出火、木造2階建てを全焼し、敷地内に併設する平屋の建物の一部も含め約160平方メートルを焼いた。安芸高田署によると、焼け跡から男性の遺体が見つかった。この家には70代男性が1人で暮らしており、同署は連絡が取れていない男性とみて身元の確認をしている。現場はJR芸備線吉田口駅の南西約1キロの農村地域。