英文の「読ませ聞き」について児童や生徒、保護者からよく質問されるのが、「どのような英文を使えばよいか」ということです。