米国や中国、東南アジアで自動車の生産台数が増加。自動車メーカーからのゴム部品の受注が伸び、円安も重なって3年ぶりの増収となった。