高速道路や橋、ダムのメンテナンス工事の受注が伸び、2年ぶりの増収。保有する土地や投資有価証券の評価を下げて15600万円の特別損失を計上し、純利益は2年連続で減った。