環境省と周防大島町が建てる施設のイメージ図(環境省提供)
緑色の触手を広げるニホンアワサンゴ

 やまぐちけん周防すおうおおしまちょうおきひろがるニホンアワサンゴのぐんせいちかくで、ぜんたいけんかんきょうがくしゅうができるせつけんせつを、かんきょうしょう周防すおうおおしまちょう今年ことしなつはじめます。

 アワサンゴをかんさつするシュノーケリングや、せきめぐるトレッキングのきょてんとし、らいねん4月のオープンをしています。

 しょうがっこうあとやく3500へいほうメートルにかんきょうしょう200へいほうメートル、周防すおうおおしまちょう400へいほうメートルのもくぞうひらをそれぞれてます。かんきょうしょうがえるためのもくてきしつせいします。周防すおうおおしまちょうおおがたモニターがあるきゅうけいしつやアワサンゴをいくするすいそう、22だいぶんちゅうしゃじょうもうけます。

 せつ周防すおうおおしまちょうかんうんえいし、いきおこしきょうりょくたい1ひとりしゅうしてはいします。おくがいスペースはあさいちいきのイベントかいじょうとしてかつようし、ねんかんやく1まんにんようんでいます。周防すおうおおしまちょうのうりんすいさんは「アワサンゴだけでなく、しまゆたかなぜんりょくはっしんするせつにしたい」としています。

 ニホンアワサンゴは日本、かんこくちゅうごくにすむおんたいせいのサンゴです。みどりいろしょくしゅひろげる姿すがたから「うみはなたば」とばれています。