東南アジアでの殺虫剤販売が伸び、会計基準の変更で前期比は出していないが実質的には3年連続の増収。