鮮やかなバラが咲き誇る中、ステージや飲食ブースがにぎわう福山ばら祭(撮影・井上貴博)

 広島県福山市最大の祭典「福山ばら祭2022」が14日、市中心部で開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大で過去2年はオンラインで開催し、会場での開催は3年ぶり。好天の中、1万本超のバラが咲き誇るばら公園(花園町)や緑町公園(緑町)の会場は家族連れでにぎわい、久しぶりのステージや飲食ブースを楽しんだ。

 55回目の今回は「楽しくなけりゃ祭じゃない!~福山、ワッショイ!~」がテーマ。緑町公園のステージであった開会式は花園保育園(住吉町)の園児約60人の