JR西日本広島支社

 14日午前9時半ごろ、広島県廿日市市地御前のJR山陽線南町踏切の異常を知らせる信号機に、阿品―宮内串戸間を走行中の由宇発白市行き普通列車の運転士が気付き、停車した。JR西日本広島支社によると、踏切の非常ボタンが押されていたが異常はなく、約20分後に運転を再開した。上下計2本が運休するなどし、約950人に影響が出た。