男子1万メートル

 陸上の中国実業団選手権第2日が14日、三次市のみよし運動公園陸上競技場であった。タイムレースで争われた男子1万メートルは、コスマス・ムワンギ(中国電力)が27分46秒34の大会新で優勝。5000メートルとの2冠となった。日本人トップは風岡永吉(JFEスチール)で、28分29秒55の3位だった。