中国地方の上場企業51社の20223月期連結決算(一部単独)が16日、出そろった。前年と比較できる45社のうち、純損益は減益・赤字が26社と6割近くを占めた。新型コロナウイルス禍が長引いたほか、原材料の高騰などが利益を押し下げた。23年3月期は全体の4割が減益を見込み、厳しい予想も目立つ。