【盈進商―尾道商】広島県高野連の金子会長から優勝旗を受ける河内主将と盈進商ナイン

1960年7月29日 全国高校野球選手権広島県大会決勝 盈進商-尾道商】

 第42回全国高校野球選手権大会の広島県大会最終日は29日、広島市民球場で尾道商と盈進商との間で決勝が争われた。試合は前半、尾道商が押し気味だったが、盈進商は五回、坂本のスクイズで先制。八回にも佐藤の適時打でリードを広げた。竹内、津国、土肥のリレーで尾道商の反撃を抑え込み、大正10年の野球部創部以来、40年目で初の甲子園出場を果たした。