保護網の下のアサリの成育状況を調べる漁業者たち

 かつて広島県内有数のアサリ産地だった尾道市山波(さんば)町沖の干潟「山波の州」で16日、県、市と地元の漁協でつくる松永湾水産振興協議会がアサリの成育状況を調べた。定点調査では昨年と比べて半減し、エイなどの食害を防ぐ保護網の下は死骸が目立った。