死球を受けた後、チャトウッド㊧に歩み寄り、笑顔で握手するアンダーソン

 先発ローテーションの一角を担う新外国人アンダーソンは、「クールなナイスガイ」だ。マウンドでは表情を崩さず、淡々と打者を打ち取っていく。

 冷静な対応は打席でも垣間見える。