広島市役所

 2017年に広島県広島市佐伯区の市立五日市観音中3年の女子生徒が遺書のような手紙を残して自ら命を絶ったのは、生徒へのいじめを巡る学校の不適切な対応が原因などとして、遺族が市に約5千万円の損害賠償を求めた訴訟は16日、広島地裁で和解が成立した。