【巨人―広島】九回、巨人無死満塁、中島㊧にサヨナラの左越え2点打を浴び、ぼうぜんとするターリー㊥。右は三塁走者吉川(撮影・山崎亮)

 カクテル光線に照らされ、巨人ナインが水しぶきを上げる。その奥で、ターリーが肩を落としてベンチに戻った。栗林はブルペンにいた。一度も肩をつくらず、戦況を見守るだけだった。佐々岡監督は試合後、「投げられない理由があった」とコンディション不良があったことを明かした。