鶏ふん堆肥の共同研究で田植えをした実験農場(三原市高坂町)

 JA全農ひろしま(広島市安佐南区)と広島大(東広島市)が、水稲の栽培に鶏ふん堆肥を活用する共同研究をスタートさせた。持続可能な食料生産や地球温暖化の抑制を目指し、普及へ向けてデータを集める。三原市の農場で18日、苗の植え付けをした。