プラスチック資源循環促進法の施行で売れ行きを伸ばしているシンギの紙製食器

 使い捨てプラスチック製品の削減を目指す新法が4月1日に施行し、紙製など代替製品を扱う中国地方のメーカーが売り上げを伸ばしている。削減対象はフォークやスプーンなど12品目。環境に配慮する流れが強まり、食器全般に関心が集まっている。ただ、対象外の一部製品は環境性能が高くても売れ行きは伸びず、明暗が分かれている。