中国地方知事会は18日、島根県松江市で知事会議を開いた。JR西日本が利用が少ないローカル線の赤字を公表したことを受け、路線の維持に向けた経営支援などを国に求める特別要望をまとめた。また、5県知事全員が一部区間の赤字収支だけで存廃の議論をすることに反対の立場を強調した。