中国短編文学賞の大賞を受賞した藤田雄一さん

 妻に先立たれ、孤独感を深める老人を描いた「おいおい」が、中国短編文学賞の大賞に選ばれた。考え抜いた駄じゃれやオチをちりばめ、滑稽ながらもペーソスがにじむ作品は、選者の高樹のぶ子さん(76)を「見事な構成と想像力。作家的な才能だ」とうならせた。