映画「街の灯」のセットで談笑するチャップリン㊨と高野㊥(1929年、米ロサンゼルス)

 喜劇王チャールズ・チャップリンの秘書を務めた広島出身の高野(こうの)虎市(1885~1971年)に焦点を当てた企画展「チャップリンの日本人秘書 高野虎市」が、広島市中区の県立文書館で開かれている。日米交流の懸け橋となった高野の足跡を写真や手紙など計110点で紹介する。