鮮やかなバラが咲き誇る中、ステージや飲食ブースがにぎわう「福山ばら祭」
大勢の観客でにぎわったよさこいステージ

 「ふくやまばらまつり2022」が5月14日と15日、ふくやまちゅうしんひらかれました。こんかいで55かいです。しんがたコロナウイルスのかんせんひろがりで、さくねんいっさくねんはオンラインでのかいさいでした。かいじょうひらくのは3ねんぶりとなりました。

 14日はこうてんめぐまれ、ばらこうえんみどりまちこうえんかいじょうぞくれでにぎわいました。おとずれたひとたちはひさしぶりのステージやいんしょくブースでのしょくたのしみました。

 かいじょうには1まんぼんじょうのバラがほこっていました。りばらコンテストやバラのぼんさいてんコーナーのほか、バラやふくやまとくさんのクワイを使つかったメニューのたいならびました。

 15日はみどりまちこうえんのステージで、ふくやまないがいのよさこいチームによるごうどうステージがありました。