コハル㊨にくっついて泳ぐスナメリの赤ちゃん(宮島水族館提供)

 スナメリのあかちゃんが53日、みやじますいぞくかん廿日はつかいち)で4ねんぶりにまれました。

 みやじますいぞくかんによると、830ぷんごろにまれ、やく3かんにはにゅうんでいたといいます。たいちょうやく75センチでせいべつかくにんできていません。

 ははみやじますいぞくかんたんじょうした25さいのコハル、父はすいぞくかんけん)からはんしょくのためにりた21さいのハッチです。

 みやじますいぞくかんたんじょうしたスナメリは19とうです。げんざいいくしているスナメリはけい4とうになりました。

 20186月にコハルがんだおす1とうさくねん2月にびょうにました。いくがかりはまむらだいすけさん(59)は「大人おとなになれるスナメリはおおくない。おおきくなってどもをつくり、つぎだいへつなぐようなそんざいになってほしい」とねがっています。

 けんこうかんのため、らいじょうしゃあかちゃんをせるのは、しばらくさきになります。まえしゅうするかんがえです。

 スナメリはネズミイルカのほにゅうるいです。ないかいにもすんでいて、ひろしまけんのレッドデータブックで、ぜつめつにさらされているどうぶつしょくぶつぜつめついちるい」にていされています。