広島県尾道市と世羅町の農業委員会は本年度、人工知能(AI)による衛星画像診断と小型無人機ドローンを使った耕作放棄地の把握を始める。両市町で昨年、企業が手掛けた実験で省力化などの効果が確認できたのを受けて導入を決めた。市などによると、中四国地方で初の取り組みという。