自民党の地域公共交通の在り方を考える議員連盟は19日、鉄道や路線バスの再構築に向けた国の財政支援などを岸田文雄首相(広島1区)に提言した。自治体が鉄道施設やバス車両を保有・管理する「上下分離方式」を導入した場合の予算措置などを求めている。首相は会談で「大変重要な問題だ」と話したという。