島根県内での豚熱初確認を受けて開かれた県家畜伝染病防疫対策本部会議

 島根県は20日、吉賀町の畑のそばで死んでいた野生のイノシシ1頭が豚熱(CSF)に感染していたと発表した。県内での感染確認は初めて。中国地方では3月以降に相次いでいる山口、広島両県に続き3県目。島根県は家畜伝染病防疫対策本部会議を開き、野生イノシシの検査や養豚場での警戒強化を確認した。