加藤社長㊨と内田社長が出席し、eKクロスEVとサクラを披露した量産開始式

 三菱自動車と日産自動車は20日、共同開発した軽自動車タイプの新型電気自動車(EV)を今夏に発売すると発表した。いずれも三菱自の水島製作所(倉敷市)で造る。価格の安さが魅力の軽EVで市場の開拓を狙う。

 三菱自の「eKクロスEV」と日産の「サクラ」で、容量20キロワット時のリチウムイオン電池を搭載。1回の充電で最大180キロ走れ、通勤や買い物など近距離での利用を想定する。普通充電は約8時間で満充電となり、急速充電は約40分で容量の8割に達する。

 eKクロスEV2398千~2932600円。国の補助金55万円を使うと