試合前からワクワクしていた。互いに前線からのプレスを志向する広島と京都がぶつかり合ったとき、どのような展開になるのだろうかと。結果は広島の完勝。明暗を分けたのは、プレッシャーへの対処法だったと考える。