男子高校生が死亡した太田川の現場を調べる広島県警の捜査員と消防隊員(22日午後1時9分、広島市安佐北区)

 22日午前11時ごろ、広島市安佐北区安佐町久地の太田川で「友人が川に沈んで姿が見えない」と119番があった。通報を受けた市消防局や安佐北署が付近を捜索し、約1時間後に市消防局の潜水士が川の中で市内に住む10代の高校1年男子生徒を発見。生徒は意識がなく市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。

⇨曲がる流れや岩場近くに潜む危険

 安佐北署によると、