岡山県庁

 岡山県で22日、新たに640人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。また、クラスター(感染者集団)は、保育施設などで計5件が認定された。

 感染者の内訳は、岡山市257人、倉敷市196人、津山市35人、総社市26人、笠岡市15人、玉野市13人、赤磐市11人、瀬戸内市と里庄町が各10人、浅口市9人、井原市と真庭市、早島町が各8人、美作市と勝央町が各5人、備前市と鏡野町が各4人、高梁市と和気町、矢掛町が各3人、新見市と奈義町、美咲町が各2人、久米南町1人。

 クラスターは、岡山市の医療機関(感染者7人)、瀬戸内市の保育施設(同7人)、津山市の障害者福祉施設(同6人)、赤磐市の保育施設(同5人)、早島町の学校(同7人)で発生した。