人がいた部分が黒くなって残った「人影の石」。一瞬にして命を奪われた犠牲者の無念を伝える=1971年、住友銀行広島支店寄贈(撮影・高橋洋史)

 原爆資料館でガラスに囲まれ、鎮座する石段。真ん中には黒ずんだ影のようなものが見える。爆心地から約260メートル。旧住友銀行広島支店(現三井住友銀行広島支店)の入り口にあった階段の一部である。