保険の窓口で相談するデメリット・メリットを知りたい」、「保険の窓口を利用してみたいけれど、強引な勧誘などが心配」、「自分に合った保険の窓口を探したい」など、保険の窓口を知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

保険会社は数多くあるので、自分にあった保険会社を選ぶのは大変ですよね。

また、保険商品を調べるには専門的な内容を理解する必要もあるので、自分だけで調べることに不安を感じる人も多いでしょう。

この記事では、保険の窓口で相談するデメリット・メリットや評判について解説しています。

この記事を読めば、保険の窓口で相談するデメリット・メリットを理解でき、利用する不安点を解消できます。

保険の窓口を利用するデメリットや注意点とは?

保険の窓口を利用するデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 公平なアドバイスをしてもらえない可能性が高いこと
  • 担当者のスキルにばらつきがある
  • 取り扱っているすべての保険と比較できるとは限らない

保険の窓口を利用するデメリットの1点目は、公平なアドバイスをしてもらえない可能性が高いことです。 保険の窓口の相談料は無料です。

保険の窓口は保険代理店のため、保険会社から契約手数料を得て運営されています。そのため、相談者からは相談料はかからないという仕組みです。

相談者が保険の窓口に無料相談の申し込みをおこない、保険の見直しの結果、相談者が新しいプランを契約した場合は、その新しい契約先の保険会社から契約手数料が入るという運営システムになっているのです。

保険の窓口は相談者に新しい契約をしてもらわないと利益が得られません。

そのため、利益を得るために、相談者が新しい契約をするようにアドバイスをする場合もあるでしょう。

保険の窓口では、コンサルティングの結果、現在ご加入中の保険が相談者のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をおすすめしてくれます。

自身や家族の不安を解決する保障を必要と感じたときに、加入すればよいという相談者の判断に委ねられています。

しかし、保険の窓口が利益を得るために、新しい契約を進めること前提にコンサルティングが実施されてしまうと、相談者にとって公平なアドバイスをしてもらえない可能性が高くなります。

必ずしも公平なアドバイスというわけではないので、保険の窓口からのコンサルティングは、ひとつのアドバイスとして参考程度にとどめ、自身でもしっかり比較検討することが必要になるでしょう。

保険の窓口を利用するデメリットの2点目は、担当者のスキルにばらつきがあることです。

保険の窓口には、保険に関する幅広い知識を持った担当者が多数います。なかには、ファイナンシャルプランナー等の専門資格を持った人もいます。

また、保険の窓口には、女性の担当者も多数在籍しており、希望すれば女性に担当してもらえます。

そのため、女性の相談者が保険を選ぶ時に同じ視点で相談できます。女性特有の病気や疾病についても男性には相談しにくいと感じる女性も、同じ女性にならば気兼ねなく相談できますよね。

基本的に保険の窓口の担当者は、相談者にとって最適な保険商品を提案するために必要な、保険に関する幅広い知識を持っています。

しかし、担当者の経験値やスキルにはばらつきがあることがあります。

重要な保険の相談をする相手は、できるだけ経験豊富なスキルの高い担当者にお願いしたいですよね。

しかし、保険の窓口は多くのライフパートナーが在籍しており、その中には新しく入ったばかりの人もいます。

そのため、経験が少ない人が担当者になる可能性もあるのです。

保険商品は、一生涯で計算すると非常に高額なものであり、金融商品の中でも難易度や専門性の高い商品です。

自身で選ぶことが難しいと感じる人が多いため、保険の窓口のように専門知識を持ったプロに相談できるサービスが多数存在しているのです。

せっかくプロに相談するために保険の窓口に来たのに、専門性の高い保険商品を経験が浅い担当者に任せることになっては不安ですよね。

保険の窓口では、すべての担当者に保険知識を身につけるための研修制度が設けられているでしょう。

しかし、提案の中身が豊富な経験に基づいたものであるかどうかは、素人では判断できませんよね。

スキル豊富な担当者に質の高い相談をしたい場合は、担当者のファイナンシャルプランナー等の資格保持の有無や、業界経験年数がどのぐらいあるかどうかを確認するとよいでしょう。

担当者のスキルに不安があり、どうしても担当者を変更したい場合には、変更してもらえるかどうか確認してみてもよいでしょう。

保険の窓口を利用するデメリットの3点目は、取り扱っているすべての保険と比較できるとは限らないことです。

保険の窓口では、保険の提案をしてもらう場合、複数社の保険商品から提案してもらえます。

しかし、取り扱っているすべての保険と比較できるとは限りません。 保険の窓口では店舗によって商品ラインナップが異なります。

40社以上の保険商品を保険種類別・人生におけるリスク別に掲載してありますが、すべての保険の窓口で40社以上を扱うことはできず、一部パートナー店舗・銀行店舗では取扱いがない場合があるのです。

40社以上から選んでもらったと思っていたら、数社からしか比較されていなかったという場合もあるので、相談する場合は来店前に、取扱い数が多い保険の窓口の店舗を選びましょう。

相談者の要望、現在加入している保険の内容等によって異なりますが、多くの場合は相談者の要望や希望に合った3〜4つ程度のプランを提案してもらえます。

その上で違いを説明してもらい、どの保険が合うかを自身で判断するという流れになっています。

せっかく相談に行くのであれば、自分にとって最適な保険商品を選ぶために、なるべく多くの保険会社から比較できるほうがいいですよね。

すべての保険の窓口で、取り扱っているすべての保険と比較できるとは限らないということを理解して、事前に保険会社の取扱い数の多い保険の窓口の店舗を選ぶことで、来店後のミスマッチが防げるでしょう。

保険の窓口を利用するメリットとは?

保険の窓口を利用するメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 無料で具体的なアドバイスがもらえる
  • 中立の立場でアドバイスしてくれる
  • 自分に合った方法で相談できる

保険の窓口を利用するメリットの1点目は、無料で具体的なアドバイスがもらえることです。

保険の窓口での相談料は無料です。また、何度でも無料で相談が可能です。

相談をして1回で契約申込みをする相談者もいますが、基本的には1回1時間〜2時間程度の相談を平均2回〜3回おこないます。

1回の相談では時間が足りないという場合は何度でも相談ができるのです。

何度相談しても相談料は無料なので、納得できるまで相談できるのは安心できるポイントですね。

相談では、保険のプロが基本的な保険の仕組みから説明してくれます。

相談者のライフプランに合わせて、具体的に必要な保障額を一緒に確認しながらシミュレーションしてくれるのです。

シミュレーション結果は、図やパソコン上で見られるので一目瞭然です。その上で、自身に合った保険を選べるので、納得感の高い選択ができるのです。

また、保険の窓口では保険に加入しなくても、加入している保険の確認や相談のみでも可能です。

保険のプロが相談者のライフプランを聞いて、それぞれの相談者に合った保険を提案してくれます。

相談の際は、加入している契約の保険証券や契約状況のお知らせ等契約内容がわかるものを持参すると、より具体的なアドバイスを受けられるので用意していくとよいでしょう。

保険の確認や相談のみでも可能なので、保険に加入しないといけないのではないかというプレッシャーを感じずに、自身の将来のライフプランに合った保険の提案をしてもらえるので、気負わずに相談できるところも魅力ですよね。

保険の窓口を利用するメリットの2点目は、中立の立場でアドバイスしてくれることです。

保険の窓口のなかには、利益を得るため、相談者が新しい契約をするように促すといった中立の立場ではないアドバイスをするところもあります。

しかし、中立の立場で、相談者の話をしっかりと聞き、ライフプランにあった最適な保険を提案してくれる保険の窓口が多くあります。

中立な立場でアドバイスしてくれる保険の窓口を探すには、いくつかのポイントがあります。

1つ目は、取扱い保険会社数が多い窓口を選ぶことです

 取扱い保険会社数が少ないと、限られた情報のなかでしか比較検討ができません。そのため、相談者の希望に沿っていない保険商品を提案される可能性があります。

中立な立場でアドバイスを受けるには、取扱い保険会社数が多い店舗を選ぶとよいでしょう。

2つ目は、保険会社が株主にいない保険の窓口を選ぶことです。

保険の窓口を運営している会社が、特定の保険会社が親会社であったり、株主になっていたりする場合は、注意が必要です。

なぜなら、その保険の窓口が利益を重視する場合、相談者に最適な保険の提案よりも、親会社や株主の保険商品を勧める可能性があるからです。

3つ目は、担当者の知識が豊富で対応が丁寧である保険の窓口を選ぶことです。

保険の窓口は、相談者は無料で利用できることもあり、相談だけの場合など相談者が新しく契約をしないことが見込まれる場合は、その店舗に利益が入らないため、担当者から適当な対応をされることもあります。

たとえシミュレーションの結果、現在の契約が合っていて、新しく契約する必要のない場合でも、丁寧に相談者の利益を優先してくれる保険の窓口なら、信頼して相談できるでしょう。

保険の窓口を利用するメリットの3点目は、自分に合った方法で相談できることです。

保険の窓口は、全国に多くの店舗があります。大型商業施設など便利な場所にあることが多いので、アクセスも良好です。

基本的に保険の相談は平均2回〜3回おこなうことが多いので、自分の行きやすい店舗で相談するのがよいでしょう。

保険の窓口に相談に行く際は、基本的には来店予約をします。

ネットもしくは電話、など好きな方法で申し込めます。店舗の状況によっては満席の場合等、待ち時間が発生することがあります。

来店の際に長い間待つことなく確実に対応してもらうためにも、事前に予約しておくとよいでしょう

必ずしも予約は必要というわけではないので、予約をせずに直接店舗に行っても相談できます。

予定に空きができた時やタイミングのよいときに、都合に合わせて相談に行けるのでよいですね。

店舗に直接行くことが難しい場合でも、来店が難しい人のために通信販売を用意してある場合があります。

通信販売では、電話やインターネットで保険選びをすることが可能です。自動車保険や海外旅行保険、ペット用の保険等、ホームページで資料を請求できます。

電話やインターネットで保険選びができれば、忙しくて直接店舗に行けない人でも、快適に保険選びができますね。

また、保険の窓口では、子どもと一緒でも相談できます。店舗によっては、相談している間、ベビーベッドの他、子どもが遊べる無料のキッズコーナーが設置してある場合があります。

子どもと一緒でも安心して相談できるのは、嬉しいポイントですね。

利用を希望するときは、来店時に店舗スタッフに申し出るとよいでしょう。 しかし、すべての店舗に子ども向けの設備があるわけではありません。

一部店舗にはベビーベッド、キッズコーナーがないので、事前に店舗情報を確認しておきましょう。

保険の窓口には紹介する保険に偏りや強引な勧誘はないの?

初めて保険の窓口を利用する場合、紹介する保険に偏りや強引な勧誘はないのか、不安に感じている人は多いのではないでしょうか。

保険の窓口を利用する際は、以下の2点を念頭に置いて相談に行くとよいでしょう。

  • 営利目的のため、偏りはあると考えたほうが無難
  • 強引な勧誘はない

保険の窓口は営利目的のため、紹介する保険に偏りはあると考えたほうが無難です。保険の窓口は保険代理店であり、保険会社から契約手数料を得て運営されています。

相談者が新しいプランを契約した場合、その新しい契約先の保険会社からの契約手数料が保険の窓口の利益になるのです。

保険の窓口は相談者に新しい契約をしてもらわないと利益が得られません。

そのため、利益を得るために、担当者からのコンサルティングや保険商品の提案に偏りがでる可能性はあります。

相談者からの利用料はかからないので、営利目的ではないように感じるかもしれませんが、保険の窓口も保険代理店なので、保険会社から契約手数料という利益を得て運営されています。

運営をつづけていくためには、相談者に新しい保険商品を契約してもらって契約手数料を得る必要があります。

そのため、完全に相談者目線でアドバイスしてもらうことは難しいかもしれないということを理解しておきましょう。

保険の窓口を運営している会社が、特定の保険会社が親会社であったり、株主になっていたりする場合は、担当者から親会社や株主の保険商品を勧められてしまうことがあります。

その店舗を運営する会社の株主一覧に、保険会社がいない店舗を選びましょう。

行った店舗が運営の存続や利益を重視する場合、相談者に最適な保険の提案よりも、どうしてもアドバイスに偏りが出てしまうのです。

もちろん、営利目的とはいえ、中立な立場でアドバイスしてくれる保険の窓口もあります。 相談者の目線に立って最適な保険商品を契約したい場合は、店舗選びが重要になるでしょう。

保険商品の前に、店舗自体も比較検討して選ぶ必要があります。

取扱い保険会社数が多い窓口を選ぶこと、保険会社が株主にいない保険の窓口を選ぶこと、担当者の知識が豊富で対応が丁寧である保険の窓口を選ぶこと、の3つを意識して選ぶと、中立な立場でアドバイスしてくれる保険の窓口を見つけられるでしょう。

保険商品は生涯で考えると高額な買い物になるので、なるべく多くの保険会社を取り扱う保険の窓口で、親身になって中立な立場でアドバイスしてくれる担当者に相談することが、自分にとって最適な保険商品の契約につながるでしょう。

保険の窓口では、強引な勧誘はありません。保険の窓口で初めて相談する人は、「保険を無理にすすめられたりしたらどうしよう」と不安に思うこともありますよね。

しかし、心配はいりません。 保険の窓口では、コンサルティングの結果、現在加入中の保険が相談者のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をおすすめしてくれます。

強引な勧誘をされ、無理矢理新しい契約を締結させられる、という心配をする必要もありません。

自身やご家族の不安を解決する保障を必要と感じたときに、加入すればよいという形なので、相談に行っていきなりその場で契約をしないといけない、ということはないので安心ですね。

保険の窓口は営利目的なので、多少は新しい契約を進められる可能性はありますが、強引に勧誘されることはないので、心配する必要はありません。

特に、中立な立場でアドバイスしてくれる保険の窓口では、相談者の意向を第一に考えてくれます。

そのような店舗では、無理な勧誘・強引な契約は一切しないと謳っていることが多いので、安心して相談に行けますよね。

もちろん契約をしなくても、加入中の保険の確認や、保険について話を聞くだけでもよいので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

あまり知識がない状態で相談に行って、担当者から強引に提案されて断れずに、よく分からないまま保険に加入してしまったということになってしまったら怖い」と、不安に感じている人も、心配しなくても大丈夫です。

保険の窓口は、あくまでも相談者自身が保険を選ぶサポートをしてくれる場所です。

そのため、相談は何度でも全て無料です。保険の窓口では保険に加入しなくても、加入している保険の確認や相談のみでも可能です。

保険は、生涯において大きな買い物なので、自分に最適で安心できる保険商品を選ぶことが重要です。

保険会社は数多くあるので、自分にあった保険会社を選ぶのは大変です。また、保険商品を調べるには専門的な内容を理解する必要もあるので、自分だけで調べるのは難しい場合が多いです。

数多くある保険会社の中から自分にあった保険会社を選びたいときには、ファイナンシャルプランナー等の専門資格を持ったプロと一緒に保険選びができるので、保険に関する知識がなくても、プロが丁寧に説明してくれるので安心ですよね。

そして、自身や家族の不安を解決する保障を必要と感じたときに、加入すればよいという相談者の判断に委ねられているので、保険の窓口はあくまでアドバイスのひとつとして捉えればよいのです。

このように保険の窓口は、無料で難しい保険商品について中立の立場でアドバイスをもらえ、強引な勧誘もないので、非常に便利な制度といえるでしょう。

自分自身で保険商品を選ぶことに不安を感じる場合は、保険の窓口を積極的に活用するとよいでしょう。

自分に合った保険の窓口を探すポイント

自分に合った保険の窓口を探すポイントとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 相談場所(店舗型か訪問型)
  • 取り扱っている保険商品の数(乗合代理店か専業代理店)
  • 担当者(性別、年齢、スキル等)

自分に合った保険の窓口を探すポイントの1点目は、相談場所です。

店舗型と訪問型の違いをチェックしましょう。

保険の窓口には、主に店舗型と訪問型の2つの相談方法があります。

店舗型は、相談者が事前に訪問日時を予約して、決められた日時・時間に保険の窓口に来店して相談をする方法です。

もちろん、予約をせずに直接来店して相談することも可能です。

しかし、店舗の状況によっては満席の場合などに待ち時間が発生することもあるので、待つことなく確実に対応してもらうためにも、事前に訪問日時を予約して行くほうが安心でしょう。

店舗型のメリットは、自分のペースで気軽に利用できる利用しやすいところです。

多くの保険の窓口は、大型商業施設などアクセスしやすい場所に位置しています。

そのため、買い物のついでに相談することもできるので、時間を有効活用しながら気軽に利用しやすいです。

また、相談者のペースで相談できるところも魅力です

相談内容がイメージと違った場合や、早めに切り上げて帰りたい場合でも、相談者が来店して相談する店舗型のため、担当者に伝えて自分のタイミングで帰ることもできます。

次に訪問型のメリットは、待ち時間や移動時間が発生することなく、自宅でリラックスして相談ができるところです。

訪問型は、保険の窓口の担当者が直接相談者の自宅に訪問して、保険相談をするという方法です。

そのため、自宅近くに保険の窓口がない場合や、子どもが小さいため子どもを連れて来店することに不安を感じているという場合、子どもを連れて行きたくても近くの保険の窓口にはキッズスペースが完備されていない場合など、店舗に直接行くことが難しい理由がある場合は訪問型を利用しましょう

保険商品は、一生涯で計算すると非常に高額なものであり、金融商品の中でも難易度や専門性の高い商品です。

そのため、集中できる環境で心身ともに落ち着いて検討する必要があります。

訪問型は、自宅に担当者が来てくれるので、一番慣れた自宅で自身がリラックスできる環境で相談ができます。

自分の都合のよい環境で重要な保険商品を選べるのは、魅力といえるでしょう。

自分に合った保険の窓口を探すためには、店舗型と訪問型のメリットを考慮して自分が相談しやすい相談場所を決めるとよいでしょう。

自分に合った保険の窓口を探すポイントの2点目は、取り扱っている保険商品の数です

乗合代理店と専業代理店の違いをチェックしましょう。

保険代理店は、大きく分けると乗合代理店と専属代理店があります。

乗合代理店は、保険の窓口のように複数十社以上の保険会社の商品を取り扱っている保険代理店のことをいいます。

数多くある保険商品を比較検討して、相談者に最適な保険をアドバイスしてもらえるので、できるだけ多くの選択肢から自分に合った保険商品を選びたい人におすすめです。

専属代理店は、1社のみの保険商品を取り扱う保険代理店です。

保険の窓口に相談する前に、自分自身でリサーチして、すでに加入希望の保険商品が決まっている人におすすめです。

すでに加入希望の保険商品が決まっている場合、複数を取り扱う乗合代理店よりも、1社のみの保険商品を専門的に取り扱う専属代理店のほうが、より細かく保険商品の特徴を説明してくれるでしょう。

保険の窓口は店舗によって、取り扱っている保険商品の数が大きく異なります。

できるだけ多くの選択肢から自分に合った保険商品を選びたいのか、ある程度自分自身でリサーチしてすでに加入希望の保険商品が決まっている場合なのかによって、乗合代理店か専業代理店かを決めましょう。

自分に合った保険の窓口を探すポイントの3点目は、担当者です。

担当者の性別、年齢、スキル等をチェックしましょう。

保険の窓口には、ファイナンシャルプランナー等の専門資格を持った人など、保険に関する幅広い知識を持った担当者が多数います。

そのなかで担当者の性別、年齢、スキル等などを考慮して選びましょう。

自分が望む相談ができるような担当者を選ぶことが、自分に最適な保険商品を選ぶことにつながります。

保険はライフプランを話しながら決めていくので、大切な相談がしにくいような担当者では心配ですよね。

保険の窓口には、女性の担当者も多数在籍しており、希望すれば女性に担当してもらえます。

女性特有の病気や疾病についても男性には相談しにくいと感じる女性も、同じ女性にならば、同じ視点で相談できます。

担当者の年齢やスキル等によっては、相談の質にばらつきがでてしまうことがあります。 重要な保険の相談をする相手は、できるだけ経験豊富なスキルの高い担当者にお願いしたいですよね。

担当者のスキルを見極めるには、担当者のファイナンシャルプランナー等の資格保持の有無や、業界経験年数を参考にするとよいでしょう。

担当者の性別、年齢、スキルをチェックして、自分に合った保険の窓口を探しましょう。

まとめ

今回は、保険の窓口で相談するデメリット・メリットや評判について解説してきました。

保険の窓口で相談するデメリット・メリットを知りたい人や、保険の窓口を利用してみたいけれど強引な勧誘などが心配な人も、保険の窓口で相談するデメリット・メリットについての理解を深められたことで、利用の不安は解消されたでしょうか。

保険の窓口には、利用するデメリットや注意点もありますが、メリットも多くあります。

保険の窓口は、営利目的のため紹介される保険商品に偏りが出てしまうなど、必ずしも公平なアドバイスが受けられるわけではありませんが、多くの保険の窓口では相談者を第一に中立な立場でのアドバイスを心がけて運営しています

また、強引な勧誘はなく、ファイナンシャルプランナー等の専門資格を持ったプロと一緒に保険を選べるので、保険に関する知識がなくても、プロが丁寧に説明してくれるので安心して比較検討ができます。

保険会社は数多くあるので、自分にあった保険会社を選ぶのは大変です。

また、保険商品を調べるには専門的な内容を理解する必要があり、自分だけで調べるのは不安を感じるという場合には、プロに相談できる保険の窓口を積極的に活用するとよいでしょう

自分に合った保険の窓口を探して、最適な保険商品を検討しましょう。