多くの日本人がかかるといわれているがんですが、皆さんはがん保険に加入してますか?

日本では男性の2人に1人、女性で3人に1人ががんにかかる可能性があると言われてます。

公益財団法人生命保険文化センターがまとめた「令和元年度 生活保障に関する調査」によるとがん保険に加入してる人の割合は4割を超えています。

そのためがん保険に加入することが通常となっているのです。

そこでは今回は年代別におすすめのがん保険をご紹介します。

加入する際のポイントや注意点もご紹介するので、この記事を読めば自分にあったがん保険を知れるでしょう。

  • がん保険を選ぶ際のポイントは保障内容、保険期間、保険料の3つ
  • 20代におすすめのがん保険について
  • 30代におすすめのがん保険について
  • 40代におすすめのがん保険について
  • がん保険加入に迷ったら、無料保険相談がおすすめ

がん保険の選ぶ際のポイント・注意点

がん保険とは、その名の通り、がんにかかった場合に保障を受けられる保険のことをいいます。日本人の死亡原因は、がん、心疾患、脳血管疾患の順になっています。

がんを原因に実に3割の方が亡くなっています。

また、がんに一生涯のうちに罹患する確率は、男性で4人に1人、女性で6人に1人というデータがあります。

このデータをみるとがんにかかる可能性やがんを原因に亡くなる方が多いので、がん保険に加入する必要はありそうだと思う方が大半だと思います。

がん保険を選ぶ際のポイントはたくさんありますが、主なポイントは3つです。

  • 保障内容
  • 保険期間
  • 保険料

保障内容

がん保険を選ぶ際は保障内容をしっかり確認しましょう。

がん保険を選ぶ際に最も重要なのは保障内容です。

がん保険の主な補償内容は5つありますので、しっかり確認していきましょう。

診断給付金

診断給付金とは、がんと診断された場合に受け取れる保障です。

がん保険の主な保障内容の1つ目は、診断給付金です。

診断給付金とは、がんと診断された場合に受け取れる保障です。

診断給付金は、50万円から設定されているがん保険が多いので、がんと診断されて不安な時にまとまったお金を受け取れるメリットは大きいです。

がん保険の種類によって、診断給付金は1回しか出ないタイプと複数回もらえるタイプの保険があります。

複数回、診断給付金が出るがん保険でも、支払要件(もらえる回数の上限や治療後何年後からもらえるかなど)について、がん保険によって違うのでよく確認する必要があります。

入院給付金

入院給付金は、がんを原因に入院した場合に受け取れる給付金です。

がん保険の主な保障内容の2つ目は、入院給付金です。

がんを原因に入院した場合に受け取れる給付金です。

医療保険の入院給付金と仕組みは同じですが、医療保険の多くは、入院日数に上限があります。

しかし、がん保険の場合、大抵の商品は入院日数の上限がありません。

がんにかかると入院日数が長くなることが一般的ですし、再発をして再度入院しなければいけないこともあるので、入院日数に上限がないことは安心感があります。

通院給付金

通院給付金は、その名の通り、がんの治療で通院した時に受け取れる保障です。

がん保険の主な保障内容の3つ目は、通院給付金です。

通院給付金は、その名の通り、がんの治療で通院した時に受け取れる保障です。

先ほど入院給付金のところでがんにかかると入院日数が長くなると説明しましたが、近年、がん治療の入院日数は短くなっている傾向があります。
(それでも他の病気対比で考えると長いですが…)

厚生労働省によると、がんによる平均入院日数は、2002年は、22.2日でしたが、2016年には、16.2日になっています。がんの治療は入院から通院に移ってきているのです。

がん保険の入院給付金は、がん治療の主戦場が入院から通院へ変わってきていることから、時代に合った保障であるといえます。

手術給付金

手術給付金とは、がん治療のために手術をした時に受け取れる保障です。

がん保険の主な保障内容の4つ目は、手術給付金です。

手術給付金とは、がん治療のために手術をした時に受け取れる保障です。

手術給付金は、通常、入院給付金の10倍~40倍に設定されていることが多いようです。

手術をしない化学療法などの治療は進んできていますが、まだまだがん治療のために手術をするケースは多くなっています。

がん治療のために手術を受ける際には、ありがたい保障です。

先進医療給付金

先進医療給付金は、先進医療にかかった実費を負担してくれます。

がん保険の主な保障内容の5つ目は、先進医療給付金です。

近年がん治療の進歩は著しく、様々な治療法が開発されています。

例えば、放射線の一種である重粒子線を使った治療法というものがあります。

重粒子線の治療は、一般の放射線治療と比べ、がん病巣に集中して照射でき、一般の放射線が効きにくいがんにも効果があるといわれています。

また、がんの病巣に集中して照射できるので身体の負担が少なくなり、社会生活に復帰できるスピードも早いという特徴があります。

重粒子線治療は、がん治療の中でも非常にメリットの大きい治療法ですが、大きな問題があります。

それは公的医療保険の適用外であるケースが多いことです。

重粒子線治療を受けるには全額自己負担になってしまうケースが多いため、自己負担額は、数百万円以上に及んでしまいます。

また先進医療を実施している病院はまだまだ少ないので遠方で受ける可能性もあります。その時にかかる交通費も大きな負担になってしまいます。

しかし、先進医療給付金は、先進医療にかかった実費を負担してくれます。
(多くのがん保険では2,000万円まで)

多くのがん保険の先進医療給付金は、先進医療を受けるための交通費も負担してくれるので、先進医療を受けたい方には、非常に大きなメリットのある給付金です。

保険期間

がん保険を選ぶ際、保険期間も重要です。

がん保険に加入する際は保険期間も重要です。がん保険の保険期間は主に2種類あります。

  • 一定期間(10年や20年など)
  • 終身

期間が決まっている定期保険の場合は保険料が安くなりますが、期間が終わった後に再度加入しようと思うと当然年齢が上がっているので保険料が高くなってしまいます。

終身のがん保険は保険料は定期保険に比べると高いですが、一生涯保証が続く安心感があるのでおすすめです。

子供が小さいなど手厚い保障が必要な時期は終身保険をベースに定期保険を活用するのがいいでしょう。基本は終身保険で考えるのがおすすめです。

保険料

保険料はがん保険を選ぶ際、非常に重要です。保障内容とのバランスをよく考えましょう。

がん保険を選ぶ際、保険料も非常に重要なポイントです。

がん保険は医療保険と違い、がんになった場合のみ保険金がおりる保険です。

当然、医療保険よりは保険料が安いですが、保障をたくさんつけるとその分、保険料は高くなるので注意が必要です。

手厚い保障のほうが安心だと思われる方も多いかもしれませんが、保険料とのバランスをしっかり見るようにしましょう。

20代におすすめのがん保険4選


それでは年代別におすすめのがん保険について紹介します。

まずは20代におすすめのがん保険です。

20代についてはがんにかかる可能性が低いので最低限の保障があればいいでしょう。

また、20代で加入すれば保険料は安いので保険期間は終身の保険に入りましょう。

ちなみに20代でがん保険にかかる確率は男女ともに0.3%のようです。

【ライフネット生命】がん保険「ダブルエール」




ネット生命保険であるライフネット生命のがん保険は、まず保険料がとにかく安いです。

また、保障内容もしっかりしており、がんと診断されたらそれ以降の保険料は免除となります。

1,000円前後の保険料で一生涯の保障を得られますので、20代の方はまずはライフネット生命のがん保険を検討してみてはいかがでしょうか。

 

男性・20歳

女性・20歳

保険料

895円

1,104円

保障内容

がん診断一時金:100万円 上皮内新生物診断一時金:50万円

特約

なし

なし

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身

終身

20歳・女性
何よりも保険料が安くてありがたいです。
手続きもインターネットから簡単にできたので良かったです。

25歳・男性
シンプルでわかりやすいので決めました。これくらいシンプルな保険がたくさん出てほしいです。

【アクサダイレクト生命】アクサダイレクトのがん終身



アクサダイレクト生命のがん保険は、医者の診断なく告知のみで加入できます。

保障内容はベーシックで、必要な基本的な保証についてはしっかりカバーされているのでおすすめです。

保険料は非常に安いので20代でも無理なく加入できるでしょう。

 

男性・20歳

女性・20歳

保険料

595円

530円

保障内容

がん入院給付金:入院日額5,000円 がん診断給付金:50万円

特約

がん手術給付金 がん先進医療給付金

がん手術給付金 がん先進医療給付金

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身

終身

23歳・女性
保険料がめちゃくちゃ安いので入りました。保障内容もいいと思います。

29歳・女性
やっぱり保険料が安いのが決め手になりました。手続きも簡単でした。

【チューリッヒ生命】プレミアムZ終身がん治療保険



チューリッヒ生命のがん保険は、基本的な保障は主契約に入っていますので、主契約だけでも問題ありません。

また様々な特約がありますので、保障を手厚くしたい方は好きな特約をつければ、ご自身好みのがん保険が作れます。

保険料も非常に安いので20代の方でも問題なく続けられるでしょう。

 

男性・20歳

女性・20歳

保険料

460円

590円

保障内容

抗がん剤治療給付金:月額10万円 自由診療抗がん剤治療給付金:月額20万円

特約

ガン先進医療給付金など

ガン先進医療給付金など

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身・歳満了・10年払いなど

終身・歳満了・10年払いなど

22歳・女性
一生涯変わらない保険料なのはありがたいですね。若いうちに入っておくメリットを感じます。

28歳・男性
先進医療特約を付けたかったので加入しました。シンプルな商品性で気に入っています。

【アフラック】生きるためのがん保険Days1




アフラックのがん保険は知名度抜群なので一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

日本で最も利用されているがん保険だけあって、内容は非常に充実しています。

保険料は先ほど紹介したネット保険に比べると少し高めですが、通院保障が付いているなどのメリットがあります。

最近のがんの治療法は通院が主になっていますので、通院保障が付いているのは非常に大きなメリットでしょう。

 

男性・20歳・総合保障プラン

女性・20歳・総合保障プラン

保険料

1,797円

1,839円

保障内容

入院給付金日額:日額5,000円 診断給付金:25万円(上皮内新生物の場合2.5万円) など

特約

なし

なし

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身・10年払いなど

終身・10年払いなど

20歳・女性
親から通院保障のあるがん保険に入っておいたほうがいいといわれてはいりました。保険料も手ごろでいい保険だと思います。

24歳・男性
通院保障とアフラックの知名度の高さから入りました。

30代におすすめのがん保険4選

30代も20代と同様にがんにかかる確率は0.3%程度です。

しかし、年齢を重ねるにつれてがんにかかる可能性も高まりますし、家庭を持つ人も増える年代でもあるので、是非がん保険にも加入しておきましょう。

【ライフネット生命】がん保険「ダブルエール」




20代のおすすめのがん保険でも説明しましたが、やはりライフネット生命のがん保険は30代の方でもおすすめです。

20代に比べると保険料は若干高くなりますが、それでも月の保険料は1,500円いかないくらいです。

1,500円程度で一生保険料が変わらないので、生涯払い続けるとしても大きな負担にはならないでしょう。

 

男性・30歳

女性・30歳

保険料

1,209円

1,437円

保障内容

がん診断一時金:100万円 上皮内新生物診断一時金:50万円

特約

なし

なし

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身

終身

【アフラック】生きるためのがん保険Days1


アフラックのがん保険も20代のおすすめの保険のところで紹介しましたが、やはり30代でもおすすめの保険です。

先ほども説明しましたがアフラックのがん保険は通院での治療費も保障の対象です。

がんの治療は入院から通院に移りつつあるので、通院での治療費が保障の対象になるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

 

男性・30歳・総合保障プラン

女性・30歳・総合保障プラン

保険料

2,435円

2,168円

保障内容

入院給付金日額:日額5,000円 診断給付金:25万円(上皮内新生物の場合2.5万円) など

特約

なし

なし

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身・歳満了・10年払いなど

終身・歳満了・10年払いなど

【東京海上日動あんしん生命】がん治療支援保険NEO

東京海上日動あんしん生命の最大の特徴は、70歳までにがんにかからなかった場合、今まで支払ってきた保険料が全額戻ってくることです。

保険を利用した場合でも、給付金を差し引いた額を健康還付給付金として受け取れます。保険料はネット保険に比べると若干高いですが、健康でいればお金が戻ってくるのは大きなメリットになるでしょう。

 

男性・30歳・入院日額5,000円

女性・30歳・入院日額5,000円

保険料

2,521円

2,500円

保障内容

診断給付金:50万円 入院給付金:日額5,000円

特約

先進医療給付金など

先進医療給付金など

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身

終身

30歳・女性
東京海上あんしん生命の安心感が決め手になりました。長く付き合うことになるので信頼性は重要だと思います。


35歳・男性
健康還付給付金が決め手です。元気でいれば保険料が戻ってくるのは大きなメリットです。

【朝日生命】スマイルセブンSuper



朝日生命のがん保険はがんだけでなくがんを含めた7大疾病までをケアしてくれます。

また一時金を30万円・50万円・100万円・150万円・200万円・300万円から選べるのも大きな特徴でしょう。

ちなみに7大生活習慣病とはがん・脳卒中・心筋梗塞・高血圧性疾患・糖尿病・肝硬変・慢性腎不全のことをいいます。

 

男性・30歳・7大疾病一時金30万円

女性・30歳・7大疾病一時金30万円

保険料

720円

621円

保障内容

7大疾病一時金:30万円

特約

7大疾病初回一時金(50万円・100万円)
先進医療給付金・先進医療見舞金など

7大疾病初回一時金(50万円・100万円)
先進医療給付金・先進医療見舞金など

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

60・65・70・75・80歳払込満了(最低払込期間5年)、終身払

60・65・70・75・80歳払込満了(最低払込期間5年)、終身払

33歳・女性
7大疾病をカバーできるのが決め手になりました。保険料も決して高くないと思いますしいい保険だと思います。

36歳・男性
一時金を多くの種類から選べるのが決め手になりました。保障内容も充実しているのでいい保険ですね。

40代におすすめのがん保険4選

 

40代のがん罹患率も0.5%程度ですが、女性の場合、乳がんの罹患率が高くなりますし、50歳の人が10年後までにがんと診断される確率は、男性が5.4%、女性が6.6%と跳ね上がりますので、40代のうちにしっかり準備しておくようにしましょう。

【ライフネット生命】がん保険「ダブルエール」



40代の方にもライフネット生命のがん保険はおすすめです。

40代でも2,000円いかない保険料で加入できますので、これを機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

男性・40歳

女性・40歳

保険料

1,735円

1,798円

保障内容

がん診断一時金:100万円 上皮内新生物診断一時金:50万円

特約

なし

なし

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身

終身

【アフラック】生きるためのがん保険Days1


アフラックのがん保険は40代になると保険料が少し高くなりますが、それでもやはり通院保障があるのでおすすめです。

ただ、やはり40代になるとかなり保険料が高くなりますので、慎重に検討した方がいいかもしれません。

 

男性・40歳・総合保障プラン

女性・40歳・総合保障プラン

保険料

3,658円

4,611円

保障内容

入院給付金日額:日額5,000円 診断給付金:25万円(上皮内新生物の場合2.5万円) など

特約

なし

なし

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身・歳満了・10年払いなど

終身・歳満了・10年払いなど

【オリックス生命】がん保険Believe(ビリーブ)



オリックス生命のがん保険は、保険料は少し高いですが、かなり手厚い保障が受けられます。

また、24時間電話健康相談サービスや介護・認知症サポートサービスなどを無料で受けられるのもメリットです。

 

男性・40歳

女性・40歳

保険料

4,335円

3,176円

保障内容

基本給付金額:日額1万円 がん初回診断一時金:100万円 がん治療給付金:50万円 など

特約

がん通院特約:1日につき1万円

がん通院特約:1日につき1万円

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身・歳満了

終身・歳満了

43歳・女性
保険料は少し高いかもしれませんが。保障内容がすごく充実しているので加入しました。この年になると保障内容がすごく気になります。

45歳・男性
24時間電話健康相談サービスや介護・認知症サポートなどの付帯サービスに魅力を感じました。あとやっぱり保障内容がいいと思います。

【FWD富士生命】FWDがんベスト・ゴールド


FWD富士生命のがん保険は自分好みに保障内容をカスタマイズできます。

また診断給付金を最大300万円まで設定できるのもメリットです。

保険料はネット生命に比べると若干高くなります。

 

男性・40歳・がん給付金100万円

女性・40歳・がん給付金100万円

保険料

4,218円

3,479円

保障内容

がん給付金:100万円

特約

がん治療給付金特約 自由診療抗がん剤治療特約 がん収入サポート特約 がん先進医療特約 がん手術特約

がん治療給付金特約 自由診療抗がん剤治療特約 がん収入サポート特約 がん先進医療特約 がん手術特約 女性がんケア特約

保険期間

終身

終身

保険料払込期間

終身・歳満了

終身・歳満了

44歳・女性
診断給付金の大きさが決め手です。がんにかかるとお金がかかりますからね。

47歳・女性
自分好みにカスタマイズできるのはすごくいいですね。それが決め手になりました。

がん保険加入に迷っている方は無料保険相談がおすすめ

がん保険にはたくさんの種類がありますので、専門家に相談したい方も多いでしょう。

専門家に相談することによって自分にあった保険を選べる可能性が高まりますので、積極的に利用するようにしましょう。

ほけんの窓口


運営会社

ほけんの窓口グループ株式会社

FP資格の相談員

在籍している

取り扱いい保険会社数

生命保険会社:27社 損害保険会社:16社 通販部門のみ:3社

相談方法

店頭 オンライン

対応地域

全国

キャンペーン

ほけんの窓口は、店舗数が非常に多いので対面で相談したい方におすすめです。

40社程度の保険会社の商品の取り扱いがあるのでご自身にあった保険を選べるはずです。

マネードクター


運営会社

株式会社FPパートナー

FP資格の相談員

在籍している

取り扱いい保険会社数

生命保険:22社 損害保険:9社

相談方法

訪問 オンライン

対応地域

全国100拠点以上

キャンペーン

あり

マネードクターは、ファイナンシャルプランナーや保険会社で優秀な成績を残したMDRTの資格保有者など優秀な相談員がたくさんいますので、信頼できる専門家に相談したい方におすすめです。

キャンペーン内容も豪華です。

保険見直しラボ


運営会社

株式会社Jリスクマネージメント

FP資格の相談員

在籍している

取り扱いい保険会社数

生命保険会社:21社 損害保険会社:11社

相談方法

訪問 オンライン

対応地域

全国70拠点

キャンペーン

あり

保険見直しラボは店舗数は少ないですが、オンラインで相談できるので問題ないでしょう。

約30社程度の保険会社の商品の取り扱いがありますので、ベテランの相談員がご自身にあったがん保険を紹介してくれるはずです。

がん保険おすすめ まとめ


今回はがん保険について説明しました。

がん保険は若いうちに入る必要はないと思われている方もいるかもしれませんが、若いうちに加入しておけば安い保険料で手厚い保障が受けられます。

また、日本人の死亡原因の第1位はがんなので備えておくことに越したことはありません。

ぜひ今回の記事がご自身にあったがん保険を見つけるためのきっかけになれば幸いです。