島根県庁

 島根県と松江市は24日、84人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市34人、出雲市31人、浜田市7人、大田市、川本町各3人、安来市2人、益田市、江津市、雲南市、邑南町各1人。松江市の事業所、出雲市の学校、運動施設の計3カ所でクラスター(感染者集団)を認定した。

 クラスターが発生した松江市の事業所では、関係者計6人の感染が分かった。出雲市の学校と運動施設でも、各5人が感染した。県感染症対策室と松江市によると、いずれのクラスターも接触者の把握はできているという。

 松江市と出雲市では、市立学校各1校で学校関係者の感染がわかった。一部休校などとしている。

 県警は、県警本部に勤務する20代と30代の男性警察官2人が感染したと発表した。業務に影響はないという。

 感染発表が100人を下回るのは、2日連続。24日午前0時時点の入院者は48人で、確保病床(371床)の使用率は12・9%。宿泊療養者は13人、自宅療養者は781人となっている。中等症は11人で、重症者はいない。