藤原靖主任部長

 首の骨の変形で脊髄などの神経が圧迫され、手足に支障が出る頸椎(けいつい)症(4日掲載)について、読者から約20件の質問が寄せられた。関心が高かったのは、手術のタイミング▽他の疾患との違い▽治療・生活のポイント―の三つ。広島市立北部医療センター安佐市民病院(安佐北区)整形外科・顕微鏡脊椎脊髄センターの藤原靖主任部長(51)に、それぞれ答えてもらった。(田中謙太郎)