新型コロナウイルスの4回目のワクチン接種が25日、広島県東広島市で始まり、同県内の他の市町でも順次スタートする。対象を60歳以上と基礎疾患のある18~59歳に限定するのが大きな特徴。ワクチン接種の主な目的がこれまでの感染拡大の抑え込みから、重症化の予防に移る転換期となる。自治体の見解や専門家への取材を基にポイントをまとめた。