島根原発2号機の再稼働を巡り、県庁前で「住民の声を聞いて」と訴える市民たち

 中国電力島根原発2号機(島根県松江市)の再稼働を巡り、県議会は26日、特別委員会の結論通り、正式に容認を決めた。議長を除く全議員33人の採決の結果は28対5。安全で安価なベースロード電源として原発は必要とする賛成派が、武力攻撃や、不祥事が続く中電の体質などの不安を訴える反対派を大きく上回った。傍聴席や街頭では山積する課題に不安を訴える声が上がった。