なぎさ水族館に運ばれてきたホオジロザメ

 やまぐちけんおうおおしまちょうぎょぎょうしゃ5月22日、ぜんちょう35メートルのホオジロザメをつかまえました。おうおおしまちょうのなぎさすいぞくかんによると、ないかいかくされるのはめずらしいそうです。

 ホオジロザメがかくされたのは、おうおおしまちょうひろしまわんがわにあるうかしまおきあいです。ぜん1ごろ、ぎょぎょうしゃなかむらただよしさん(53)がちちおやとサワラりょうあみげていると、あみにサメがからまっていました。まだきていたためあみごとふねにしばってみなとかえりました。しかしサメはんでいました。

 れんらくけたなぎさすいぞくかんがくげいいんうちひろあきさん(38)がすいぞくかんにホオジロザメをかえり、調しらべたあとがいてんしました。

 うちさんによると、ホオジロザメは日本のきんかいにもいて、ものってないかいまよんだのうせいがあるそうです。かいかずっていて、「ないかいかくされたのはおどろき」とはなしています。

 なかむらさんは「べつしゅるいちいさいサメはつかまえたことはあるが、ホオジロザメはりょうなかつかまえたことがない」と、おおきさにもびっくりしていました。