「自公の安定政権で安心して暮らせる国づくりを」。21日、松江市の島根県民会館であった公明党の講演会。参院選島根・鳥取合区選挙区で3選を狙う自民党現職で元国土交通副大臣の青木一彦氏(61)=公明推薦=が気勢を上げると、邑南町出身で公明党の斉藤鉄夫国交相(衆院広島3区)が駆け寄り、「選挙区は青木氏を」と呼びかけた。