28日午前5時半ごろ、広島市西区草津南3丁目のJR山陽線草津踏切近くの線路で、広島貨物ターミナル発下関貨物駅行き貨物列車の運転士が、線路の枕木から煙が出ているのを見つけ、緊急停車した。JR西日本広島支社によると、消火活動や安全確認のため、広島―南岩国間で上下計2本が運休、同8本が最大1時間15分遅れ、計約1700人に影響が出た。

 また、同日午後3時半ごろ、東区戸坂山根の芸備線戸坂駅構内でも、広島発下深川行きの普通列車の運転士が枕木からの発煙を見つけ、消火活動した。広島―下深川間で上下計2本が各8分遅れた。