「ハーブを使えば爽やかなフルーツティーが作れます」と話す岡本さん(撮影・山下悟史)

 タピオカミルクティーのブームは過ぎ去ったようだが、紅茶人気が続いている。中でも注目を集めるのがフルーツティー。色鮮やかな季節の果実がごろごろ入った一杯は華やかで、疲れを癒やす心のサプリメントにもなりそう。広島県広島市西区で紅茶教室を開く岡本啓美さん(65)に紅茶とフルーツのおいしい組み合わせを聞いた。