大会コースを試走する奥宮さん㊧(ITADAKI提供)

 広島県広島市内の登山道や林道計108キロを駆け抜ける「広島湾岸トレイルラン2022」が9月24、25日に初めて開かれる。西日本豪雨によるコースの崩壊や、新型コロナウイルスの流行による延期などをへて、構想から5年がかかった。県内のトレイルラン愛好家たちは「広島の豊かな自然を国内外の人に知ってもらいたい」と張り切る。1日から参加者千人を募る。

<クリック>トレイルとは