中国労働金庫(広島市南区)は3日、2021年度の単独決算を発表した。売上高に当たる経常収益は1737900万円で前年より06%増え、4年連続の増収。純利益は21億3900万円で16%増え、2年ぶりの増益だった。住宅ローンが堅調で貸出金利息が伸びた。