鳥取県庁

 鳥取県と鳥取市は6日、新たに33人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市保健所が管轄する県東部での確認が25人、米子保健所(米子市)が管轄する県西部が8人。県中部は4月18日以来、49日ぶりに0人となった。

 県は、鳥取市の高齢者福祉施設でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。利用者と職員計17人の感染が確認されたという。同市は、市内の私立高校で発生したクラスターの感染者が新たに9人判明し、計88人となったと明らかにした。

 鳥取赤十字病院(同市)は、職員2人の感染を発表した。接触の可能性がある職員全員が検査で陰性となったため、通常通りの診療を続けている。

 県によると、5日時点の確保病床(350床)の使用率は12・9%(45人)で、重症者はいない。宿泊療養は98人、在宅療養は388人、調整中は44人となっている。