政府は7日に閣議決定した「骨太の方針」で鉄道やバスなど公共交通の再構築に向け「従来とは異なる実効性のある支援」を打ち出すと明記した。複数年度にまたがるバス事業者への補助制度の創設などで持続可能な交通網への移行を促すのが狙いだ。鉄路の将来像を探るため、国が主導して運行事業者と地方自治体の協議の場をつくるとした。